なにする気分?ゲームchannel

スマホゲームやswitch、Steamまで様々なゲームをプレイ~攻略~レビューしていきます!最新情報を配信していきますよ!

【FGO】微バレあり!セイレムでマシュがついてきた理由についてメタ的に考えてみた

f:id:meistertoki:20171130224447j:plain

どうも、FGOで周回をしなくなった古参マスター:マイスタートキです。

*微ネタバレありますので、ご注意ください。
*本記事は、根拠ではなく不明確要素に対して「こうなって欲しい」という希望を当てはめて論じています。

執筆日:11/30(木)

異端なるセイレム
とうとうリリースされましたね。
まさかの時限式とはびっくりしました。

f:id:meistertoki:20171130184631j:plain

内容が凝縮されているそうですから、こうしたインターバルは考察がはかどっていいですね。

 

さて、今回
セイレムのシナリオ考察ではなく、マシュがセイレムについてきたことによって生まれた可能性について言及したいと思います。メタ的な要素も含まれます。

シナリオ的なマシュの存在価値について

マシュについては様々な考察が飛び交っていますよね。
プライミッツ・マーダーの影響で、マシュの存在が「抑止力が動きうる対象になったとか、ビースト化するとか。
どれもフォウ君をきっかけとした面白い考察です。

個人的に、ビースト説は推していないのですが、マシュとギャラハッドのヒロイン力(信頼)には期待しています。

私が考えるマシュのヒロイン力とは、ぐたーずがこれまで前に進んでこられたメタ的要素のことです。

例えば

1部のオーダーは、ぐだーずの隣にマシュという「絶対に裏切らない味方」がいたからこそ頑張って修復できた案件だと考えており

1.5部のオーダーは、「味方」である鯖がいたこと、ぐだーずにはカルデアに絶対に帰りたい理由(マシュ)があったこと、この二つの要素が上手くかみ合った結果、ぎりぎりの運命線で修復できた(無事に帰れた)案件だと考えています。

事実、1部が絶対的な力によって絶体絶命になっていたことに対して、1.5部は1部よりも不明確な部分で絶体絶命に陥ることが多かった印象です。王道RPGかミステリー小説ぐらいの違いです。

メタ思考的に「1部はマシュがいたから安定性あったけど、1.5部はマシュがいないから不安定なんだよ。マシュから力をなくして1.5部案件に同行させなかったのは、マシュの存在価値をユーザーに理解させるためだよ」って演出のように思えるのです。

そして今回、物語の転換部分であるセイレムに、案の定、マシュをぐだーずに同行させていました。その意味を考えると、ある可能性と考察がよぎったんです。

 

 

 

マシュがセイレムに同行した理由

[可能性]:ぐだーずや鯖だけでは解決できない問題が発生したり、カルデアが消えたり、敵になったりする。

[よぎった考察]:FGOの物語は、ビーストvsカルデアではなく、ビーストvsカルデアvs抑止力の三つ巴である。ホームズがいう「見落としたピース」とは抑止力の存在である。

[可能性]は今後のシナリオ展開に関わる内容、つまり新たな考察ですので、
まずは基となる[よぎった考察]の方に触れましょう(少し長くなります)。

まず1.5部案件である新宿やアガルタは「抑止力」が抑止対象となりうるカルデアを止める為、ぐだーず(カルデア)を狙って起こした特異点であり、カルデア及び(現状の)ぐだーずの味方ではない。

抑止力がカルデアと敵対する理由は単純です。人類滅亡、地球破滅を引き起こす要因になりうるシステム(疑似地球環境モデル・カルデアス/近未来観測レンズ・シバ/霊子演算装置・トリスメギストス/他)を保有しており、思想も危険だから。(シバってレフが作ったものですからね。シバってほら、ソロモン関連の...)

カルデアのブラックボックスには、浮き彫りになっていないだけで、人理倫理的にはビーストと同じぐらい危ない裏を持っている可能性がある。つまり、ぐだーずや人類にとって「絶対裏切らない味方ではない」といえます。

それらを考慮すると、正しい関係図式はこうなります↓↓

誤 【カルデア(ぐだーず) + 抑止力 vs ビースト】

正 【ぐだーず ( vs カルデア vs ビースト vs ) 抑止力】

カルデアは人類や地球を脅かす存在なのか?この問題次第でぐだーずとの関係性や抑止力の対応が決まります。

そこで可能性:新たな考察の登場です。

f:id:meistertoki:20171130233252j:plain

シナリオメタ上、マシュとぐだーずは必ず(何かしらで)繋がっていなければいけない主人公とヒロイン存在だと思われます。

カルデアに異常がなくて、ぐだーずが無事に帰還できるのであれば、マシュは今まで通りカルデアにいても問題はありません。

しかし、今回のレイシフトでは「何も力を持たないマシュ」を同行させた。
つまり、メタ的な意味を求めると、今まで安定性をもたらしていたマシュの力がなければ攻略できない事象が発生するのか、カルデアにマシュを置いておけなくなったかの二択しか考えられないのです。

マシュほどの良キャラをNPCに留めておくことはしないと思いますので、シンプルに覚醒させる為、ぐだーずに同行させたのかとも考えたのですが、個人的に[よぎった考察]のカルデア敵説はかなり2部を盛り上げるファクターになると思いますので、カルデアが敵になるからマシュを置いておけなくなったと考えたいのです。

 

と、メタ要素を踏まえて考察してみました。最後の方は考察というより希望ですね汗

皆さん的に、この三つ巴説はいかがなものでしょうか?
「FGO 考察」って調べたら、濃密な情報が出てきますので一読してみると面白いと思います!

 

こちらのYouTubeチャンネルにてFGO配信していますので、よろしければ登録の方お願いします!

www.youtube.com

 

稚拙な希望考察になってしまいましたが、お読みいただきありがとうございました!

プライバシーポリシー ©なにする気分?ゲームchannel All rights reserved.